彼氏へのプレゼントにソーシャルギフトを活かす

彼氏へのプレゼントに是非、ソーシャルネットワークサービスのソーシャルギフトを贈りましょうよ。彼氏へのプレゼントにこそ、ソーシャルギフトがイキルのではないでしょうか。

そこで、みなさんに質問です。みなさんがイキルというときには、生きるという漢字を当てはめるでしょうか、それても、活きるでしょうか。みなさんは、活きるというかもしれません。

しかし、実際に国語辞典に従えば、活きるという漢字は活用しないということなのです。しかし!しかし、私達は、当たり前に、活きるという漢字を使い、ソーシャルギフトが活きるといいます。

生きるとは、生死に関わるものに対して、使用するものと区別を私達は、勝手にしてしまっているようです。国語辞典では、いいと言ってないのに、このような使用法を当たり前にし、就職活動のエントリーシートでも当たり前に使用して、面接官にも良しとされている現状がここには存在しているようです。

彼氏へのプレゼントにソーシャルギフトが活かすことが出来ます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>